格安航空券の仕組み

航空券を買う際に大切なことは何でしょうか。航空券がきちんと手に入ること、希望した日時のチケットを購入できることではないでしょうか。この前提に、航空券がより安く手に入ればうれしいことです。近年、航空券は燃料費の高騰等で高額になっている一方で、LCCと呼ばれる格安航空会社の進出により、価格破壊が起こっています。LCCの航空券はなぜこんなに格安で販売できるのでしょうか。LCCとはローコストキャリアの略で、既存の航空会社に比べて効率の向上によって低い運行費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供している航空会社のことです。既存の航空会社に比べて航空券の値段は安いのですが、時間・キャンセル料金・マイレージなどで制限されることが多いのが特徴です。往復割引等も設定されていないことが多いので、別々に購入しなければなりません。また、荷物の持ち込みや預ける時の大きさや重量の制限が大きく、オーバーした場合の追加料金も発生します。機内での飲料やブランケット等のサービスはほとんどが有料です。一方、既存の航空会社の特割で購入した航空券をPEX航空券といいます。同じ値段が安い航空券ですが、こちらはオリジナルの割引制度のため、キャンセル料や座席確保やマイレージなどは通常と同様であることがほとんどです。しかし、PEX航空権は格安航空権に比べると割高な可能性が高く、予約後3日以内に料金を支払わなければならないこともあります。

LCCの購入方法

LCCのチケットを購入する際には基本的にインターネットか電話での予約・購入となります。一部LCCでは旅行代理店での購入も可能ですが、電話での購入ができない場合もあります。LCCでは曜日や期間、シーズン、時間帯によって細かくチケットの価格が設定されているので・・・

>> read more...

LCCの注意点

LCCの安値のチケットは、効率化の向上によって生み出されたものです。既存の航空会社とは大きく違う点がいくつかあるため、利用する際には注意が必要です。まず、予約の際に自己責任で必要なオプションを選ばなければいけません。まず、選んだ料金プランに含まれている・・・

>> read more...